青汁の効果

青汁を飲むと自然治癒力が高まり、ホメオスタシス(体がもつ恒常性)が正常に働くようになるのだ。自然治癒力が高まると当然、病気を寄せっけないし、たとえ病気になっても治りが早い。慢性病をもつ人は体質や生活環境にもよるが、自然治癒力が低下しているからだ。生物には限界年齢(寿命)があるが、人間は本来の細胞が正常に働いておれば、だれでも二一○歳まで生きられるという学者もいる。ケールを原料とする青汁は、人体がもつ自然治癒力を高めるから、さまざまな病気を追放する。とはいっても、すべての人に対し同じ効果があるとは限らない。食生活や個人の体質によって効果は一様ではない。ケールの青汁は薬ではないが、絶対に毒ではない。NPO法人日本ホリスティック医学協会でも、自然治癒力を治療の原点においている。

[参考サイト]
サントリーの青汁通販
http://www.suntory-kenko.com/supplement/main/43393/
> 極の青汁へ

美容整形外科医は優れた心理学者?

女性が、「美しくなりたい、魅力的な女性に自分を磨き上げたい」と思うのは女性として当然の心理でしょう。男性の場合にも、年代を問わず女性の目から見て「魅力的な男性に映りたい」と、だれでも望んでいるものです。さて、あなたのそういう思いを実現するために協力するのが、美容整形外科医です。でも、「美しくなりたい、魅力的になりたい」という願望があっても、病院に駆け込んでとにかく手術を受ければそれで美しくなれるとは限りません。というのは、患者自身の希望やあなたがこうなりたいと期待するイメージ、そして、患者自身の体質も重要な要件として事前によく理解しなければならないからなのです。そのためには、美容整形外科医は肉体を美しくするという外面的な形成外科だけでなく、それにも増して、優れた心理学者でなければなりません。

一番優秀なエステティシャンとは

お客様を早く、安く、きれいにすることができるのが一番優秀なエステティシャンだと思います。お客様のきれいを実現する為に、エステティシャン達はいい技術を作り出し、いい商品や機器を開発します。そして、もう一つ大切なものは、エステティシャンの力です。お客様のやる気をいかに持続させられるか、その接客のコツ、そして仕事に取り組むエステティシャンの姿勢が一番大事です。エステサロンのコースは大学や医療機関で検証をしていて、3ヵ月を一つの区切りとしています。初めていらしたお客様が規定のコースではなく、色々なものを省いた安いコースでの施術を希望されたとしても、そのコースを受けることはできません。いくらお客様が望まれても、エステティックに関してはエステティシャンはプロですから、プロとして自信の持てないコースであれば、お客様にお断りすることもあるそうなのです。

脂肪吸引手術がなぜ人気なのか

肥満には、どうしても「ニブい」とか「スローモー」というイメージがつきまといますね。シャープで素早い行動が要求される現代には損なイメージです。また、健康面から言っても肥満は心臓病や糖尿病を呼ぶ大敵です。アメリカのサラリーマン社会では、太っている男性イコール「自分の体重管理もできない」すなわち「管理能力なし」と見られ、出世コースから外されることさえあります。美しさが命の女性、ましてやミニスカート、ハイレグ、ヘソ出しと肌をより多く露出することがトレンドになっている現代の女性が、スリムなボディーラインに憧れることは当然のことでしょう。厄介なのは、顔の少々の欠点ならメイクやヘアースタイルの工夫でカバーできるのに比べ、もろにさらさなければ値打ちのないボディーラインはどうあがいても「ごまかし」がきかないことです。だからこそ脂肪吸引手術が今最も人気のある整形手術になっていったのでしょう。

[参考]
脂肪吸引について
http://www.e-biyou.com/

脱毛レーザーが開発

アレキサンドライトレーザーは、日系三世の物理学者によって開発されたレーザーです。ハーバード大学にはじまった、一連の脱毛ルビーレーザーの開発にすこし遅れ、彼は一九九六年の終わりに、選択的光熱溶解理論の理想であった一〇〜五〇ミリセカンドの照射時間にこだわり、メラニンへの吸収力がすこし落ちる、アレキサンドライトレーザー光を利用し、脱毛用レーザーを開発したのです。物理学者の考えたこのレーザー照射時間は二〇ミリセカンドであり、選択的光熱溶解理論にあったものであると同時に光熱力学的選択性についても考慮したものでした。このレーザー治療装置を臨床試験した皮膚科医は、このレーザーが白人のみならず、東洋人やヒスパニックにも安全に使用でき、長期間の発毛抑制効果があることを確認しました。こうして、人種を選ばずに使用できる脱毛用レーザーとして、物理学者の作ったアレキサンドライトレーザーは、全世界に広がっていきました。